シマちゃんのインフィニティFXブログ

インフィニティFXをこよなく愛し、日々研究し、世の中に広めてインフィニティユーザーを増やし、豊なインフィニティ-ライフを応援してゆく為のブログです。
<< ミルコも絶賛!インフィニティFX50 | main | KMGのインフィニティFXがホリデイオート誌の表紙に!? >>
インフィニティFX ホリデイオート誌の表紙に!? そしてミルコは現れたのか?
今日、お台場の潮風公園でホリデイオート誌の取材撮影に行ってきました。
実は今日の撮影は追加オーダーで、初回は先々週千葉での撮影とモータージャーナリストの九島氏によるロードインプレッションを終えていました。

本来は、先日のブログでご紹介したMrミルコ・クロコップとFXの絡みを撮る予定だったのですが、皆さんもご存知の通り昨日の試合でミルコは不運なアクシデントに襲われ、残念ながら実現には至りませんでした。

ミルコは怪我の治療のために、急遽今朝のルフトハンザ機でクロアチアへの帰国となってしまったのでした・・・悲しい

シマちゃんも昨日の「DREAM・6」を見に行ったのですが、審判の判定では2回のローブローで2枚のイエローカードを出しましたが、その前の最初のローブローを見逃していて(解っていて流したのかもしれませんが)、試合を止めなかったが悲劇の始まりだったようです。

ミルコの全権代理人である今井氏の話しによれば、実は最初のローブロー(金的攻撃)がかなり効いていたそうで、実質3回目のローブローがとどめとなってしまったそうです。

最初のローブローの後は、相手と体を寄せた体制の時のミルコは常に股間のガードに神経を使っていた事は素人のシマちゃんでも見て取れました。

シマちゃんは格闘技の知識が余り無いのでこれ以上のコメントはしませんが、ミルコの回復と、次回大晦日でのリベンジに期待するのみです。

今回実際に会場に足を運んでで感じたのですが、やはりミルコの人気は凄いですね!
日本が産んだクロアチアの英雄の今後の活躍を心から願っているシマちゃんでした。

頑張れミルコ! 負けるなクロコップ!

話しは戻ってホリデイオート誌の取材担当者のよると、もしかすると今日撮影したFXGT−Rの絡みの2ショットが表紙を飾り、結構大きな記事になるとの事。

ホリデイオートの次号をぜひお買い求め下さい!乞うご期待です!



明日は遂に入荷!US NISSAN MAXIMAのご紹介です。
お楽しみに!
【2008.09.24 Wednesday 18:02】 author : シマちゃん | 雑誌掲載情報 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
いつもこのブログ見るの楽しみにしてます。質問ですが2009年モデルって2008年に発売なのになんで2009年とうたってるんですか?自分2006年式のエフエックス買ったんですが実は2005年製造ってことじゃないですよね?

【2008/10/03 11:26 AM】 ケンちゃん |
いつもありがとうございます。
ご質問の件、欧米の車は日本と違い、モデル年式と製造年式でその車の素性を判断します。モデル年式とは、そのモデルの仕様をあらわしており、モデル年式ごとに少しずつ、その仕様を変更し、毎モデル(イヤーモデル)ごとに少しずつバージョンアップして行くのが一般的です。日本でも最近行なわれるプレマイナーチェンジ(マイナーチェンジほどは大きく変更されていないが、仕様向上を伴う小さな変更)に近い物があります。また、欧米の自動車メーカーの多くのモデルは、モデルイヤーの変更時期を夏から秋に掛けて行なうケースが多く、実際の製造は2008年6月でも、2008年9月に2009年モデルとして発表したりします。FXの場合、最初の販売開始が2003年1月でしたから、初期のロッドの製造年式は2002年式という事になりますが、モデル年式は2003年モデルです。FXは販売開始が1月だった為、2004年モデルもほぼ年明けを基準に販売が開始され、続く2005年モデルでプレマイナーチェンジが入り、若干の変更が入りました。この2005年モデルは2004年秋に発表されています。そして2006年モデルは2005年の夏頃からアナウンスが始まり、大きなマイナーチェンジが行なわれ、年末のデリバリー開始となりました。その為、2006年モデル車両であっても、2006年モデル初期に製造された一部の車両は2005年の生産であるのは確かであるため、ケンちゃんさんのFXも製造が2005年である可能も有りますが、例えそうでも2006年モデルである事には間違えなく、例え2005年製造車で有ったとしてもそれによる価値の低下等の心配はありません。
モデル年式はフレームナンバー下8桁の数字又はアルファベットで識別可能で、2006年モデルなら「6」と記載されています。(車検証の車台番号)
また、製造年式の見分け方には何通りかありますが、簡単なのはシートベルトの下側アンカー辺りに付いているタグに製造年月日が記載されています。
そして今年6月下旬にUSでの販売が開始された新型FXも、発売から半年でモデルイヤーを変える程の仕様変更は予定していないということ、更に販売開始から2ヶ月位しないと潤沢な在庫が整わず、スムースなデリバリーが始まらないという事もあり、今年秋までの数ヶ月は販売助走期間という意味合いも含め、発売開始から来年秋頃までは2009年モデルとして販売する予定であると考えられます。(次期2010年モデルの発売時期はまだわかりませんが)
日本での国産車ではモデルチェンジの時期が車種によって異なり、モデルイヤーという考え方はしないので、初期型、マイナーチェンジ後、後期モデル等の区分と登録年式で車を識別、評価するが一般的です。
国や地域によっても様々ですが、どちらかというと日本が特殊で、世界標準としては欧米メーカーのやり方がベーシックなスタイルのようです。
【2008/10/03 4:25 PM】 シマちゃん |
丁寧に返信ありがとうございます。かなり勉強になりましたもっと早くこのブログに出会いたかったです。そしてそちらでエフエックスを購入すれば良かったと思いました。次は是非そちらで買いたいです。ありがとうございました。

【2008/10/03 8:52 PM】 ケンちゃん |
ケンちゃんさん
お言葉大変ありがたく、また、大変嬉しく頂戴いたしました。
FXのことは勿論、お車の事でしたらどんな事でもご相談ください。
店舗に遊びに来ていただくだけでもOKですよ。お気軽に立ち寄ってくださいね。
【2008/10/04 9:14 AM】 シマちゃん |
こんばんわ。さっそく聞きたいことがあるんですがFX35 2006モデルのタコメーター隣のSERVICE ENGINNE SOON というランプが点いたり消えたりします。購入店に聞いたら湿気やガソリンの種類でも点くとか言われました。たしかに水抜き剤をいれてるんですがそんだけでランプが点くんですか?とりあえずエンジンに異常がなかったら1ヶ月様子を見てくれと言われました。
よくある症状なんでしょうか?

【2008/10/04 9:14 PM】 ケンちゃん |
ケンちゃんさん
ご質問のご回答です。
エンジンチェックランプの点灯条件は数多くある為、ここで全てをお伝えは出来ませんが、まずは専用の診断機でダイアグノーシスの記憶を確認する必要があります。弊社にご来店頂ければ一番良いのですが・・・
ただ、重要な故障の場合には点灯しっ放しとなりますので、灯いたり消えたりの状態でしたら重要なエラーではないと考えられます。
そこで、一つ確認したいのは、フューエルタンクキャップは純正品ですか?もし社外品に変更している場合や、給油時の閉めが甘かったりするとチェックランプが点灯する場合があります。
キャップはラッチが「カチカチ」と音がするまで回してください。水抜き剤との関係は解りませんが、必要ないばかりかそれによる別の不具合も考えられます。
また経過をお知らせ下さい。
【2008/10/05 2:21 AM】 シマちゃん |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://infinitifx.jugem.jp/trackback/911929
トラックバック
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP