シマちゃんのインフィニティFXブログ

インフィニティFXをこよなく愛し、日々研究し、世の中に広めてインフィニティユーザーを増やし、豊なインフィニティ-ライフを応援してゆく為のブログです。
寒〜い季節の対策グッズ!
最近は冬真っ只中で、寒い日が続いておりますね!!こういう時に困ってしまう事は…やはり、夜や早朝に発生してしまうガラスの凍結です。気温が低くなると水分は凍ってしまいます。たとえば雨の後等に雫がそのまま凍ってしまったり、ヘッドライト等が曇ったまま凍りついてしまったりと結構厄介者ですよね。そんな時に役立つグッズのご紹介です。(以前一度お伝えしていますので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが。)まず、小物から…。3角形のプラスチック製で「アイスイレイザー」というグッズがあります。文字通り定規みたいなもので氷を削り取るというグッズです。お値段もお手頃ですので車内に1枚積んでおいても良いと思います。後は氷を溶かすスプレーや鍵穴に予めスプレーしておくと鍵が凍らないというのもあります。今度は凍る前に予防するグッズです。「フロントガラスマスク」というグッズで、左右のドアに挟みこんで前のガラスをカバーしてしまうというものです。他にも色々出ていますので一度カーショップ等でご覧ください。
お出掛け前にお急ぎでしたらお風呂位のお湯(40℃位)をゆっくりガラスの上の方から流す方法があります。熱すぎるとガラスが割れてしまうかもしれませんのでご注意ください。最後に、車とガラスにとって一番いいのはエンジンの暖機と自然解氷ですのでお出掛け前は余裕を持てるよう心掛けましょう。
【2008.12.15 Monday 18:04】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
皆さん ご存知でしたか?
皆さん こんにちは。
新車のカタログに書かれている『10・15モード燃費』って皆さん ご存知でしたか?
車選びのポイント『燃費』がどのくらいかを確認するときに参考にされる数字ですがこの『10・15モード燃費』とはどのように測定されているのかをお伝えします。

まず国土交通省認可時の測定条件ですが
・3,000甸靴蕕形行後の車両を使う。
・完全暖機状態60/15分暖機後モードで測定する。
・走行抵抗設定車両(空車)状態+110圈2名乗車分)の状態で測定
・搭載電気機器OFF状態
・エアコンOFF状態
この条件のもと、実走ではなくシャシーダイナモの上で測定するそうです。(そのため実際の燃費とは異なってきます。)

測定方法は

☆10モード燃費測定
.▲ぅ疋螢鵐鮎態(20秒)
∋速20劼泙撚誕する。(7秒)
時速20劼鬟ープして走行する。(15秒)
せ速20劼ら減速して停止する。(7秒)
ゥ▲ぅ疋螢鵐鮎態(16秒)
時速40劼泙撚誕する。(14秒)
Щ速40劼鬟ープして走行する。(15秒)
┿速40劼ら時速20劼泙埜座する。(10秒)
時速20劼ら時速40劼泙撚誕する。(12秒)
時速40劼ら減速して停止する。(17秒)

★15モード燃費測定
.▲ぅ疋螢鵐鮎態(65秒)
∋速50劼泙撚誕する。(18秒)
時速50劼鬟ープして走行する。(12秒)
せ速40劼妨座して走行する。(4秒)
ゥ▲セルをオフにした状態(4秒)
時速40劼ら時速60劼泙撚誕する。(16秒)
Щ速60劼鬟ープして走行する。(10秒)
┿速60劼ら時速70劼泙撚誕する。(11秒)
時速70劼鬟ープして走行する。(10秒)
時速70劼ら時速50劼泙埜座する。(10秒)
時速50劼鬟ープして走行する。(4秒)
時速50劼ら時速70劼泙撚誕する。(22秒)
時速70劼鬟ープして走行する。(5秒)
時速70劼ら減速して停止する。(30秒)
アイドリング状態(10秒)

上記の10モードでの測定を3回、15モードでの測定1回の結果から『10・15モード燃費』が算出されるそうです。

数ヶ月前と比べますとガソリン単価がだんだん下がってきており、ガソリン代はお財布にやさしい金額になってまいりました。もっと車の維持費を下げるため、環境のためにもエコ運転も引き続きお取り組み下さい。
また車選びのときは『燃費』も含めてお客様のライフスタイルに合わせたご提案を私達は心がけております。
お車のお買い替え、増車、ご売却の時にはケーエムガレージ3店舗にお越し下さい。スタッフ一同 皆様のご来店を心よりお待ちしております。
                         東久留米店 柴 仁
【2008.11.03 Monday 17:16】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新燃費基準て何?
2007年7月より『2015年度燃費基準』がスタートします。
今回は燃費基準についてご説明いたします。

‘本の二酸化炭素の排出量の約2割を占める運輸部門の地球温暖化対策を推進する為、省エネ法に基づき、自動車の2015年度燃費基準が策定されました。この基準により、2015年度には2004年度実績に比べて乗用車の燃費が平均23.5%改善さられる事になります。

△客様に燃費の優れた自動車を選択していただけるよう、自動車のカタログには、燃費が記載されています。2015年度燃費基準策定に伴い、燃費の試験方法がより実際の走行に近い物に改定され、カタログに表示される燃費も変わります。
これまでは10・15モード走行により燃費の試験が行われてきました。
(走行距離4,165km・平均速度22.7km/h・最高速度70km/h)
これからはJC08モード走行に変更されます。
(走行距離8,172km・平均速度24.4km/h・最高速度81.6km/h)

カタログに表示される燃費値は2010年度までは10・15モード燃費が表示されます。2007年7月からJC08モード燃費が順次併記されていきます。よって2010年3月末には両方の燃費値がカタログに表示されます。

注意しなければならないのは、燃費消費率は定められた条件での数値です。お客様の使用環境や運転方法により燃費は異なります。

表示が変わることにより実際の走行に近い数値をカタログで確認する事ができるので、自動車購入の際の判断基準の1つにして下さい。


【2008.10.29 Wednesday 14:03】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
O/Dって?
AT(オートマチック)車で、『O/D』というランプがメーター等についています。これはオーバードライブです。現在のAT4速というのはロー・セカンド・サード・トップというスタイルではなく、3速の上にオーバードライブとしてギヤをつけています。オーバードライブをうまく使うと、とてもスムーズで安全な運転が出来ます。高速道ではオーバードライブをフル生かせますが、街中(市街地)の走行は前車が迫ってきたり信号が多かったりと減速をする場面が多々あります。そんな時はブレーキを多用するよりエンジンブレーキが効き易いO/D・OFFの方が走りやすいと思われます。しかし、燃費や静粛性を考えるとエンジン回転が低くなるO/Dを多く使ったほうがいいとも考えられます。そこで・・・、街中でもO/D・ONで走りながら減速が必要なときにはO/DをOFFにしてエンジンブレーキを使えばブレーキを踏む回数が減りますし、次の加速のレスポンスも良くなります。ただし、走行中O/DをOFFにするとすぐにエンジンブレーキがかかりますので、まだやったことの無い方は一度空いている道路で練習してみるといいでしょう。オーバードライブを上手に使って、安全でスムーズなドライブを楽しみましょう。
【2008.08.26 Tuesday 15:57】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
UVカットと断熱ガラス
暑い日が続き車内の温度もかなり上昇します。前回は車内の熱さに対するカバー等のご案内をしましたが、今回は運転中等の暑さについてちょっとお話します。自動車ガラスの中には全く色のついていないガラスの他に何種類か有ります。ほんの少し色の付いたブロンズガラス、グリーンガラスやUVカットガラス、断熱ガラス等です。UVカットガラスにはUVとかUVSとかの表記があります。断熱ガラスとはUV(紫外線)だけではなく赤外線(日差しのジリジリ)も減らしてくれるガラスです。断熱ガラスは、ほんの1部の車にしか付いていませんが体感的にも結構違うようです。それと、フロント3面(前席左右とフロント)には貼れませんがウィンドウフィルムという物もあります。色の濃さや種類も色々ありますし、断熱フィルムもご用意しております(要予約)。冷暖房効率のアップにもなります。料金はリヤ3面で¥21,000位からです。お車によって変わりますので、お気軽にご相談くださいませ。
【2008.08.05 Tuesday 20:26】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
熱さ(暑さ)対策グッズ
7月に入って毎日毎日暑い日が続いています。こんな時車に乗ってエアコンをかけて「車内は快適!」となるまで結構時間が掛かります。それにハンドルやシフトレバー等熱くなってしまって持てない時とかありますよね。そんな事にならない様、役に立つグッズをご紹介します。夏のレジャーグッズでアルミホイルのようなキラキラしたマットがありますが、そんな感じのカバーが色々出ています。ハンドル、ダッシュボード、シフトノブ、チャイルドシート等駐車中に掛けておけばあまり熱くならないので便利ですよ。あまりショップ等でも見たこと無いかもしれませんが、窓に挟み込んで太陽光によりファンが回り車外へ熱気を放出する優れものもあります。ここで、ご注意を1つ・・・。炎天下での車内温度は50度を超えることもあります。ライターなど破裂する恐れが有りますので気をつけましょう。
最後に裏技を・・・。ドアを開けて乗り込む前に助手席側の窓を開けてドアを2〜3回開け閉めすると熱気が抜けて多少!?涼しくなります。一度お試しくださいませ。
【2008.07.18 Friday 23:10】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ヘッドライトチューンって!?
「何となくライトが暗いなぁ。」と思ったことはありませんか?HIDというライトが主流になっている中で、ハロゲンバルブでも十分明るく出来ます。しかし、ただ明るくするだけでは配線やカプラーが焼けてしまったりしてしまうので、そうならない方法をご提案します。
バルブの明るさを示すのにW(ワット)という単位があります。例えばH4(バルブ形状)・12V(電圧)・60/55W(明るさ=消費電圧)がそれです。そこで、市販されているバルブのパッケージを見ていただきOOW相当(クラス)という表示のほかに先ほどの3つが書いてあるはずです。
基本的にOOW相当の数字が大きいほど明るくなります。そして形状・電圧・消費電圧がノーマルと同じであれば大丈夫です。ただし、色に関しましては白または黄色(H18.1.1以降生産車は白のみ)ですのでバルブやヘッドライトの種類によっては車検に通らない場合がありますのでご注意が必要です。
また、もっと明るくしたい場合は消費電力そのものを上げる方法になります。この場合には配線やカプラーを保護するためにリレーを使って専用の配線を追加する必要があります。
最後に、レンズの汚れ等で暗い場合は「ヘッドライトポリッシュ」というのをお勧めします。レンズをすっきり綺麗にすることで大分明るく感じます。当社でもやっています(税込¥2,100)ので是非お試しくださいませ。
【2008.05.22 Thursday 20:39】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そろそろエアコンの季節です。
最近だいぶ暖かくなってきました。日向に車を置いておくと車内はかなり暑くなります。つまり、そろそろエアコンを使う季節が近づいて来たということです。冬の間ほとんど使わなかったエアコンを急に使うとホコリ臭かったり何となくカビ臭かったりすることがあります。また、夏になって「さあ使おう!」と思った時に冷えなかったり…。夏本番にそうならない為、今からメンテナンスをしておきましょう。エアコンの臭いの対策はエアコンフィルタの交換や車内で霧を発生するエアコン消臭剤(殺虫剤のバルサンの様な…!?)等で対策しましょう。冷えの点検に関しましては、いわゆるエアコンガス点検というものです。家庭用のエアコンと違い車用は微量ずつではありますが徐々に抜けてきます。そしてある一定の圧力以下になると効かなくなってしまいます。早めの点検をお勧めします。また、冬の間でも除湿効果等ありますので是非エアコンをお使いくださいませ。
【2008.04.03 Thursday 18:31】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
花粉対策!
花粉症のユーザー様にとっての厳しい季節がやって来ました。そこでちょっとした情報です。お車によってはエアコンにフィルターが入っていますが、花粉対策に有効な「花粉用」というのが市販されています。お値段はノーマルより若干高めですが効果はかなり出るようです。後はエアコンを「外気導入」では無く「内気循環」で使用したり、体に付いた花粉を良く落してから乗車したり、洗濯等で花粉が付きにくくしたり…。少しの工夫で大分快適なドライブをしていただけると思いますよ。
【2008.02.23 Saturday 18:54】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
エンジンオイルについて
一言でエンジンオイルといっても、なんか色々あってどれが良いか解りにくいですよね。そこで、ちょっとした数字のご説明をしたいと思います。
オイルの表示にOOW−OOというような数字が書いてあるのを見たことあると思います。この数字がオイルの粘度です。最初のOOWが小さいほどエンジン始動性、冷間時のレスポンスがよく、後ろの−OOが大きいほどエンジンが熱くなってもオイルが頑張ってくれるといわれています。つまり10W−30より5W−30の方が寒いときに向いていて、10W−30より10W−40の方が高性能と判断される様です。しかし、オイルの性能だけで選ぶのではなく、ちゃんとお車(エンジン)に合ったオイルを使用しましょう。なお、交換のサイクルは3,000〜5,000キロまたは6ヶ月くらいがオススメです。
【2008.01.12 Saturday 14:11】 author : シマちゃん | ちょっと!豆知識!! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP